空とソーラーパネル

注文住宅の中でも自由度が高い設計方法とされている自由設計は、近年の一戸建てに用いられる事が多い。
これは、単純に設計の自由度が高いという事だけではなく、時の流れに合わせてその姿を変化させることが可能な事からも来ている。つまりは家人の成長に合わせて間取りや設備を変更することができる住宅も、自由設計のメリットなのである。

この場合、家人でも簡単に間取りを変更できるテクニックとしてクローゼットを活用したものがある。これは、可動式のクローゼットを壁に見立て、収納していた状態から広げる事で広間を二つの部屋に分けるというものである。これによって好きな時に部屋を分ける事ができ、プライバシーと広さの両立を可能としている。
また、こうした工夫は間取りの変更という面だけではなく、子どもの成長に合わせた配慮として用いられることも多く、子どもの多感な時期に気を配るテクニックでもある。
このように気配りのある家は生活空間としても快適であり、豊かな生活を送る第一歩となるのである。

活用

一戸建てをより活用する為には、注文住宅や自由設計を活用した間取りや収納スペースが必要となる。
例えば、階段の下に発生する隙間を利用した収納スペースは利便性が高く、同時に無駄な空間を生まないという二重の効果を持っている。利便性が高い収納スペースは持ち運びが便利であり、手軽に中身を出せることから生活空間に物を置きっぱなしにするというクセをつけることなく利用できるというメリットがある。
この仕組みによって子どもと大人の両方に生活する上での基本マナーを身につけさせる事が可能となり、また整頓された快適な空間を維持できるということから、清潔で住みよい家を維持できるという事にも繋がっている。こうしたひとつの工夫が様々なメリットを与えるという事こそ注文住宅の最大のメリットなのである。

自由設計の場合は特にこうした工夫を行いやすく、また家人の状況に合わせてそれらを別の用途で使用するためのアレンジもしやすい事から、新しく一戸建てを建てる時に自由設計を選ぶ世帯も増えていると言われている。

最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031